日中2か国語詩吟 – ページ 2 – おれたち福井人  

カテゴリー: 日中2か国語詩吟

日中バイリンガル詩吟 第33作『螽斯』(詩經・國風周南)

 周南の第5篇『螽斯』について、旧注新注とも、いなごによせて子孫繁昌をことほぐ歌。君主が多くの妻をもつという古代の制度のもとでは、子孫繁昌の前提として、君主の后妃、すなわち上位の正妻たちが嫉妬せず、妾たちにも多くの子を生ませることが必要であったが、この歌は、嫉妬しない后妃をたたえたものとする。白川静博士は、祝頌の歌。子孫の繁栄を歌う。螽斯の多産的な繁殖力をいうことによって縄々たる子孫を予祝する呪詞として用い、宴飲のときなどに歌ったものであろうとする。
 非常にわかりやすい短い歌であり、陳琴さんの旋律も童謡的なものであったので、子どもたちに歌わせたということもありうるのではないかと考え、今回は、吟誦をすべてVocaloidに任せ、Vsinger洛天依(中国語)とKaori(日本語)で行った。
 押韻については、第1章は「诜shēn」と「振zhēn」(譜面で第4声としてあるのは間違い)上平十一「眞」、第2章は「薨hōnɡ」と「绳shénɡ」(「绳mǐn」は陳琴さんにならってこうしたが間違いだろう)下平十「蒸」、第3章は「揖yī」「蛰zhé」入声十四「緝」となっている。

中日雙語吟誦 第33作《螽斯》(詩經·國風周南)
  關於周南的第5篇《螽斯》,舊注新注也以蝗蟲為例,歌頌子孫繁昌。 在君主有很多妻子的古代制度下,作為子孫繁盛的前提,君主的後妃,即上位的正妻們不嫉妒,妾們也需要生很多孩子,但這首歌歌頌了不嫉妒的後妃。 白川靜博士是祝頌之歌。 歌頌子孫後代的繁榮。 這是一首在宴飲的時候唱的歌,是作為根據螽斯的多產繁殖力來預祝繩々子孫的咒語使用的。
  這是一首非常通俗易懂的短歌,陳琴的旋律也是童謠式的,所以我想可能是讓孩子們唱的吧,這次把吟詠全部交給Vocaloid,用Vsinger洛天依(中文)和Kaori(日語)進行了。
  關於押韻,第一章是“詵sh ē n”和“振zh ē n”(樂譜上作為第4聲是錯誤的)上平十一“真”,第2章“薨h ō n ɡ” 和“繩shén ɡ” (“繩m ǐ n”是仿效陳琴老師這樣做是錯誤的吧)下平十“蒸”,第3章是“揖y ī” 和“蟄zhé”入聲十四“緝”。

日中バイリンガル詩吟 第31作『蒹葭』(詩經・國風秦風)

日中バイリンガル詩吟 第31作『蒹葭』(詩經・國風秦風)

 『蒹葭』は、従来、詩意が不明で、目加田誠氏の「水の彼方の人を思う美しい詩」、グラネー氏の「河岸及び河中における恋人の捜索」、朱子の「水辺に隠れ住む賢人を求める詩」などがある。白川静博士は、恋愛感情や賢哲への思慕を表す表現がないことから詩経国風周南の『河廣』と同じく、楚辞九歌に歌われている伝説のように水神祭祀の歌とする。神婚のために出遊する女神を祀る者たちが追跡しながらも、女神が無事に神婚を果たす祭礼で歌われたとしている。
 絶対年代に大きな差がある詩経と万葉集だが、どの民族の歴史においても、古代歌謡がその黎明期に忽然とあらわれ民族の古典となるという共通点からアプローチしていて説得力がある。「歌う」は神に「訴ふ」ことであり、『説文解字』も説明できなかった「歌」の構成要素である「可」の中の「口」は口ではなく神への祈りの言葉を入れる器「サイ」であるとする白川静博士の発見は有名だが、歌謡が神にはたらきかけ、神に祈る言葉に起源していることは理解できる。日本の祭も、船まつりにかぎらず、神輿の巡幸を追うという形式をとっている。そうした点から、楊芬さんの旋律にゴスペル調の伴奏をあてはめてみた。
 現代中国語の歌詞については、楊芬さんは、「湄」méiをmí、「右」yòuをyiǔで歌っている。2018年に90歳で亡くなられた彼女の福建芸術学校時代の恩師であり福州方言や客家方言の吟誦を行ってきた陳炳錚さんの影響だろう。
 和訳歌詞については、解釈上、白川静博士訳を利用したが、「あし草 あし草は蒼々として 白露は霜と結びたり この神にます方は 水のかなたにあらはるる こぎのぼり追はむとすれば 道けはしくてへだたれり こぎゆきて追はむとすれば さながらに川のさ中に あし草は萋々として 白露はなほしとどなり この神にます方は 水のほとりにあらはるる こぎのぼり追はむとすれば 道けはしくてのぼりたり こぎゆきて追はむとすれば さながらに川の中洲に あし草は色づきて 白露はなほ残りたり この神にます方は 水のほとりにあらはるる こぎのぼり追はむとすれば 道けはしくてめぐりたり こぎゆきて追はむとすれば さながらに水のなぎさに」と、どうしても長いもので、旋律にあわせてかなり短縮させていただいた。

中日雙語吟誦 第31作《蒹葭》(詩經·國風秦風)

《蒹葭》歷來詩意不明,有目加田誠的《思念水彼方的戀人》、格拉內的《在河岸及河中尋找戀人》、朱子的《尋找隱藏在水邊的賢人的詩》等。白川靜博士因為沒有表現戀愛感情和對賢哲的思慕的表現,所以和詩經國風周南的《河廣》一樣,像楚辭九歌中所唱的傳說一樣,認為是水神祭祀的歌。祭祀為了神婚而出訪的女神,人們一邊追踪,一邊在女神平安完成神婚的祭禮上唱歌。
絕對年代有很大差別的詩經和萬葉集,無論哪個民族的歷史,古代歌謠在其黎明期突然出現,成為民族的古典,從這一共同點出發的方法很有說服力。日語的“歌(うた)ふ”就是向上帝“訴(うた)ふ”。把《說文解字》也無法解釋的“歌”的構成要素“可”中的“口”,白川靜博士認為;不是口,而是放入對神祈禱的話語的容器“さい”。這是很有名的,可以理解歌謠起源於向神作用、向神祈禱的話語。日本的祭祀活動,不僅是船祭,還採取了追逐神轎巡幸的形式。從這一點看,楊芬的旋律配上了福音的伴奏。
至於現代中文歌詞,楊芬把‘湄’méi和‘右’yòu唱成mí和yiǔ。這似乎是受到2018年以90歲高齡去世的她在福建藝術學校時代的恩師福州方言和客家方言吟詠的陳炳錚的影響。
關於日譯歌詞,在解釋上利用了白川靜博士譯“あし草あし草は蒼々として白露は霜と結びたりこの神にます方は水のかなたにあらはるるこぎのぼり追はむとすれば道けはしくてへだたれりこぎゆきて追はむとすればさながらに川のさ中にあし草は萋々として白露はなほしとどなりこの神にます方は水のほとりにあらはるるこぎのぼり追はむとすれば道けはしくてのぼりたりこぎゆきて追はむとすればさながらに川の中洲にあし草は色づきて白露はなほ殘りたりこの神にます方は水のほとりにあらはるるこぎのぼり追はむとすれば道けはしくてめぐりたりこぎゆきて追はむとすればさながらに水のなぎさに”,無論如何都很長,為了配合旋律我縮短了很多。