日中2ヶ国語詩吟『春望』(卞民岩 調)

[`evernote` not found]
LINEで送る

 タイトル表現・言い回しを更に変えてシリーズ5作目で、杜甫の『春望』です。

 このシリーズは、中国語吟誦に加えて、その旋律で日本語訓読書き下しも歌ってしまおうという試みですが、今回の調子(旋律)は、この試みの原点とも言えるものです。40年程前の大学生時代、福井大学で中国語を教えていただいた卞民岩先生が、中国語科・漢文科の宴席で歌ってくださったメロディーを、録音もないのに、なぜか覚えていたことによります。長い戦乱や文化大革命によって、中国のすばらしい様々な文化が失われてしまったと嘆いていらしゃった卞先生でした。中国語吟誦についても、いろいろと探していましたが、ネット上でも、子どもたちの暗唱のために作られたものばかりで、味わいのある作品に出会えませんでした。しかし、数年前から、ネット上で、これまでの4作で採り上げてきたような、素晴らしい作品に出会うことができるようになってきました。卞先生は、中国人は世界中にいるから、中国文化はまた必ず復活するともおっしゃっていました。

 定年退職前の教員時代にも機会があればアカペラで披露することもありましたが、コロナ禍の中、DAWソフトで伴奏づくりをすることにも慣れました。すてきな調子を見つけたり、できれば自作したりしていきたいと思っています。

 画像は、春望のイメージを沖縄のグスクに求め、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローの運営する「『おきなわ物語』メディアライブラリー」の画像を使用させていただきました。また、卞民岩先生を偲んで、卞先生が創設者である大阪最古の中国語専門学校「中国語文学院」の内山加代学院長から送っていただいた写真(創設時代に中国語文学院があった大阪市西区川口町(本田2番町)の中華北幇公所会館の写真と2期生の方が保管されていた開校1周年記念で学院玄関で撮った集合写真)も使わせていただきました。集合写真についていた日付は私の誕生日の11日前、私の友人の誕生日でした。

 詞 :杜甫
 曲 :卞民岩 調
吟誦: 杉本紀幸

日中2ヶ国語詩吟
①『李白黄鶴楼に孟浩然の広陵に之くを送る』https://youtu.be/eN05V3iLIsc
②『垓下の歌』https://youtu.be/qUdYaGuTek8
③『汪倫に贈る』https://youtu.be/t-IUvjtdmBA
④『静夜思』https://youtu.be/UbkQME5cM0E

ブログ(卞民岩先生を偲んで)http://fukuijin.jp/?p=1215

中日双语吟诵《春望》- 卞民岩 调 –

这是杜甫的《春望》。系列第五部进一步改变了标题表达和措辞。

这个系列除了中文的朗诵之外,还尝试着用那个旋律来演唱日语训读写下的歌词。这次的调子(旋律)可以说是这个尝试的原点。大约40年前的大学生时代,在福井大学教我中文的卞民岩老师在中文专业·汉文科的宴席上唱的旋律,虽然明明没有录音,但是不知为什么我记得。他感叹,由于长期战乱和文化大革命,中国优秀的各种文化都丧失了。关于中文的吟诵,我也找了很多,但是在网上也都是为了孩子们的背诵而制作的,所以没能遇到有意思的作品。但是,从几年前开始,我就在网上遇到了至今为止4部作品都采用过的优秀作品。他也说,中国人遍布世界,中国文化必将复活。

  退休前的教师时代,如果有机会的话,也会无伴奏地表演,但是在冠状病毒灾害中,我也习惯了用DAW软件来伴奏。我想找到一个好的调子,如果可以的话我想自己创作。

  图片中,我向冲绳的琉球王国的城堡以及相关遗产群寻求春望的印象,并使用了一般财团法人 冲绳观光会议局运营的“冲绳物语媒体文库”的图像。另外,为了缅怀卞民岩老师,以卞老师为创始人的大阪最古老的汉语专门学校“中国语文学院”的内山加代学院院长寄来的照片中,我使用了两张照片(创设时代有中国语文学院的大阪市西区川口町(本田2番町)的中华北帮公所会馆的照片和为了纪念建校1周年,在学院门口拍的集体照)。集体照的日期是我生日的11天前,就是我朋友的生日。

词 :杜甫
曲 :卞民岩 调
吟诵:杉本纪幸

[`evernote` not found]
LINEで送る

中国語吟誦と日本語訓読誦で歌う『静夜思』

[`evernote` not found]
LINEで送る

タイトルの言い方を少し変えてみましたが、シリーズ4作目は、日本の中学校の教科書にも採り上げられている李白の『静夜思』です。
 旋律は、たくさんありますが、ここ十数年程聞いてきた中では秀逸な作品だと思います。龔琳娜の歌で聞いてきましたが、彼女の夫、ドイツ人音楽家のRobert Zollitsch(老鑼)の作曲によるものです。音取りと打ち込みにかなり時間を要しましたが、前作で変拍子を克服していたので、その点はスムーズに取り組めました。
 『静夜思』は現在使われているテキストが中国と日本では異なります。日本のテキストでは、「明月光」が「看月光」ですし、「望名月」が「望山月」です。オリジナルの古いテキストは日本に伝わったものだという話題が度々中国で報道されたりしています。

 画像は、四川省江油市の李白紀念館と山東省済寧市の李白紀念館から使わせていただきました。

 詞 :李白
 曲 :Robert Zollitsch
 Scat: Vocaloid洛天依
吟誦: 杉本紀幸

用中文吟诵和用日文训读说唱歌唱的《静夜思》

  试着稍微改变了标题的说法,系列第4部是日本初中课本中收录的李白的《静夜思》。

  旋律有很多,但这十几年来听过的,我觉得是一部优秀的作品。我听龚琳娜歌唱的,是她丈夫,德国音乐家Robert Zollitsch(老锣)作曲的。音取和打进花费了相当长的时间,不过,因为在前作中克服了复拍子,所以那一点很顺利地进行了搭配。

  《静夜思》现在使用的字句在中国和日本不一样。在日本,“明月光”是“看月光”,“望名月”是“望山月”。中国多次报道原创旧版是传到日本的话题。

  图片来自四川省江油市李白纪念馆和山东省济宁市李白纪念馆。

词 :李白
曲 :罗伯特·佐里奇
Scat:Vocalloid洛天依
吟诵:杉本纪幸

[`evernote` not found]
LINEで送る

中国語吟誦と訓読ラップ(?)で歌う『汪倫に贈る』

[`evernote` not found]
LINEで送る

 シリーズ3作目となりました。かなりの難題に挑みましたが、やりがいがあったし、なかなか歌っていても気持ちがよかったです。訓読も同じ流れの中に、はまってくれているので、このシリーズ、いくつ出来上がるか楽しみになってきました。

 旋律として、ネットでも聞くことができるのですが、華鋒という方が伝統吟誦の発表会みたいなところで東北吟誦調として披露しているのが気に入って、使わせていただきました。李白の発音も今では聞くことができませんが、40年以上前の大学時代に卞民岩先生にお習いした「LiBo」を使っていました。ただ難題としては、民謡などでも間の手を入れたりする関係でしょうが、変拍子を克服しなければなりませんでした。コンピューターミュージックで初めての挑戦となりました。
 変拍子の独特のリズムによって、李白を送る汪倫たちがステップ音をたてて踊り歌う感じが出てるかななんて思いました。

 画像は桃花潭文化発展有限会社のWeibo(微博)から利用させていただきました。

用中文吟诵和训读说唱的《赠汪伦》

 这是该系列的第三首。虽然挑战了相当大的难题,但是有做的价值,唱着歌心情舒畅。训读说唱也在同样的旋律中收录了。我很期待这个系列会继续几首。

  旋律是华锋先生在传统吟诵的发表会之类的地方作为东北吟诵调来表演的。李白的发音现在也听不到了,40多年前的大学时代,华锋先生用了我们向卞民岩老师学的“LiBo”。只是,作为难题,民歌等也有间歇性的关系,必须克服复拍子。这是我在电脑音乐上的第一次挑战。
根据复拍子的独特节奏,可以想象到送李白的汪伦他们跳着舞唱歌的样子。

  图片来源于桃花潭文化发展有限公司的微博。

[`evernote` not found]
LINEで送る

福井人Nonky(和洋中麺類)のブログ