足利レンタサイクル短時間紀行

[`evernote` not found]
LINEで送る

先日、東京出張の際、私の第2の故郷(幼稚園~小2)足利に立ち寄ってきました。

東武伊勢崎線の特急「りょうもう」とJR両毛線の乗り換え時間を利用して、電動レンタサイクル4時間500円、コインロッカー700円を使って、タクシーの方が安くついたかもしれませんが、40分ほど、足利の街を散策しました。

昨年も冠婚葬祭で母親を乗せて車で来ましたが、母親の用を済ませただけでした。今回は、自転車なので小回りがきいて、短時間でも、渡良瀬橋関係で気になるところ等を見て回ることができました。河原のサイクリングロード等、タクシーでは行けない場所もありました。

東武鉄道駅もJR駅も発着メロディーが「渡良瀬橋」になっていました。
IMG_5333

りょうもう

鑁阿寺と足利学校前で写真だけ撮りました。

IMG_5327

IMG_5332

市街地の中橋、渡良瀬橋、緑橋付近で、押しボタンでメロディーを聴くことができる、歌碑等「渡良瀬橋」関係のところを回りましたが、今回、私が確認したかったのは、緑橋。「この間 渡良瀬川の河原に降りてずっと流れ見てたわ 北風がとても冷たくて風邪をひいちゃいました」と歌われますが、「渡良瀬橋」の作詞にあたって、森高さんが実際に河原に降りたのが、この緑橋付近だったということ、もとは木造の橋で台風の増水で流されて架け替えられたものであること、などを知っていくうちに、50年以上前のことと結びついていったのです。

IMG_5315
IMG_5326

IMG_5325

IMG_5323

IMG_5322

IMG_5316

IMG_5307

当時は橋の名前など知りませんでしたが、自分の家から一番近かったのがこの緑橋だったはずです。泳ぎに来ることもあったようですが、その時は橋桁に鳥の巣があったのかと思うのですが、そこに降りてしまって、あがれなくなってしまったということだけが、記憶に残っているのです。どうやって助けてもらったかなどは覚えていませんし、どうも親も知らなかったことだったようなのです。

緑地公園が整備されていたりして、様子は全く変わってしまいましたが、現地に降り立って感慨にふけることができ、足利と「渡良瀬橋」は、より深く自分の中に刻まれました。ゆるキャラの「たかうじ君」と「朝倉ゆめまる」も、なんとなく似ていて、うれしいです。

IMG_5335

ちなみに、私の好きな「渡良瀬橋」は、残念ながら森高さんのではなく、河口恭吾さんのです。大好きです。

 

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください