桃源郷?塩坂越(しゃくし)海岸の隠れ家、波華楼

[`evernote` not found]
LINEで送る

塩坂越1塩坂越2波華楼梅の里会館縄文博物館1縄文博物館2

三方五湖の近辺には、何度も来ているはずなのだが(観光遊覧船にも何度か乗ったし、エンゼルラインも何度も通行している。)、塩坂越トンネルをくぐったことがなかったのだろう。だいたいこの塩坂越という地名を「しゃくし」と、すぐに読める人はいないだろう。40年程昔だろう。小学校中学年で郷土の地理を学んだ時、「常神半島=船でしか行き来できない陸の孤島」と私にはインプットされていた。その半島の付け根部分にも来たことがなかったのだというのが、また今回の感慨をいやがうえにも強烈なものにしてくれた。

その塩坂越海岸に、隠れ家のように建っている『海香の宿 まるしもや 波華楼』で、河豚懐石をいただいた。鰭酒、てっ指し、てっちり、湯引き、河豚すし、煮こごり、から揚げ、焼河豚、雑炊、デザートと、プライベートビーチのような浜に、打ち寄せては、砂利をひきずりながら引いていく波音プラス砂利音を聞きながら、十分、河豚を堪能させていただいた。

翌朝は、梅の里会館で、たっぷり梅干しを買い込み、若狭三方縄文博物館[DOKIDOKI館]を見学して帰った。

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください