縁切橋

[`evernote` not found]
LINEで送る

縁 切 橋
1988 ▲作詞・作曲 杉本紀幸 ▲編曲 荒木圭男 ▲歌 小田達也

祭りばやしの灯影姿に あなたを見つけてしまいました
3年ぶりの故郷の町は 変わっていないと思ってたのに

子どもを抱いたあなたの姿 そばに寄り添う人がいる

武者人形の曳き山車を    追ったふたりが潮風に散る
せめて今夜はあなたのことを お山王さんに祈ってきます

幸せ映す水中花火に 肩寄せ合ったふたりでした
薄紫した砂丘の花に はかない愛を感じてました

東尋坊まで歩いた道を 寂しく辿ってみるけれど

漁り火見える雄島の沖に 烏賊釣る舟に涙がにじむ
縁切橋をひとり渡って  あなたにさよなら言ってみせます

「縁切橋」を熱唱する小田達也

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください