「永平寺」カテゴリーアーカイブ

『般若心経』を歌ってみました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

 明治大学教授の加藤徹先生が、SNSに御自身の作曲譜面を、また、Youtubeには、ワンマンバンドならぬワンマン読経『Heart Sutra Chant, concertina, wooden fish コンサーティーナ と 木魚 で 般若心経 を歌う』を発表されました。許可を得てカバーさせていただきました。画像の譜面は、加藤徹先生のものをそのまま使わせていただきましたが、演奏では、若干変更した部分があります。
『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』
 訳詞:唐三蔵法師玄奘三蔵
 曲 :加藤 徹
 歌 :杉本 紀幸

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019to2020 永平寺の除夜の鐘

[`evernote` not found]
LINEで送る

 運良く、大晦日に遅番11時までとなり、仕事明けに、お客様や同僚と、永平寺を参拝しながら、年を越すことができました。参拝の様子を記録した写真と動画をまとめて動画仕立てにしてみました。
 門前のお店もたくさん営業する中、永平寺町観光物産協会の精進あられの無料配布や永平寺の御朱印やお守り販売のテントも立つ中、たくさんの参拝者が列をなしました。柏樹關はもとより、ホテルフジタなど福井市内のホテルもこのために、半年以上前から満室になっていたこともあり、県内外からの観光バスや車輌で、大変な賑わいでした。
 この日は、特別に、勅使や新しい禅師様が上山される際にしか通れない唐門が、一般開放され、山門で、焼香させていただけました。山門も、出入りできるのは、貫首様と上山・下山する修行僧だけなので、山門上の後円融天皇による「日本曹洞第一道場」の勅額も初めて拝ませていただきました。柏樹關のお客様は、さらに特別ルートで、焼香後にも祠堂殿側から鐘楼堂に近づき、ここで、新年を迎えることができました。参拝後は、希望される方は、寂光苑で、鐘つきなどをされていました。
 開業からの数ヶ月とはいえ、一緒に仕事してきたことを祝福し合い、新しい年への英気を養いました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

柏樹關が宿坊10選に入選!

[`evernote` not found]
LINEで送る

 日本経済新聞土曜版のNIKKEIプラス1「何でもランキング」2019年11月23日付「座禅も写経も気軽に 親子で宿坊体験できる施設10選」に第2位で掲載されました。リンク先の日経電子版でも見ることができます。専門家による高い評価を得ました。

 また、地元福井の情報誌、月刊ウララ2019年12月号「心の癒しを求めて 永平寺門前で、日常をリセット」にも掲載され、私まで御紹介にあずかりました。リンク先で、概略がつかめます。

[`evernote` not found]
LINEで送る